キャッシング限度額の舞台裏に迫る!


キャッシングの限度額の決め方はどのようになっているのでしょうか。

 

もちろん誰でも、実際にそれだけのお金を借りるかどうかは別にして、枠としてはできるだけ多くのお金を借りることができるに越したことはないと考えることでしょう。

 

いったい自分の限度額はどのようにして決まるのでしょうか。

 

限度額は2つ存在する!

最も初歩的な誤解としては、そのキャッシング会社の挙げている限度額をそのまま鵜呑みにすることです。

 

例えば500万円などと書かれていたとしても、全ての人が500万円まで借りられるわけではないのです。

 

この数字は、キャッシング会社として、優良な顧客であればここまでのお金を貸すこともありますという意味に過ぎません。

 

逆に言えば、どんなに優良な顧客であってもこれ以上貸すことはありませんという意味でもあるのです。

 

限度額は利用者の属性をもとに個別に決められる

個々の人の限度額の決め方は、結局のところ個々に審査を行うしかありません。

 

個々の申込者の属性、つまり年収、勤務先、勤続年数、持ち家の有無、家族の有無等々を総合的に判断し、この人であればこのくらいの金額までであれば返してもらえるだろう、返せそうだろうということを判断して決められるのです。

 

   
キャッシング限度額の舞台裏に迫る
総量規制とキャッシング限度額の関係性を公開する
アルバイトの属性と年収からキャッシング審査における限度額を推察する
キャッシングは限度額が高いほど金利負担が軽く返済が楽になる
年収だけがキャッシングの限度額増額の要因とはならない理由
キャッシング限度額をさらに求めることは可能か?
重要!即日融資を受けたい場合の限度額申請のコツ

キャッシング限度額の引き上げの確かな近道
限度額の減額を受けないキャッシング心得
審査の難易度を考慮すれば消費者金融のキャッシングがオススメ
消費者金融は借入額に応じて金利が決められます!
消費者金融のキャッシング審査における限度額設定に迫る

 

総量規制とキャッシング限度額の関係性を公開する


キャッシングを利用するときには総量規制について知っておく必要があります。

 

総量規制はお金を借り過ぎて返済が困難になり、債務整理に陥ることを防ぐために貸金業法で定められている制度であり、年収の3分の1までしか借り入れできなくするものです。

 

これは1つの金融機関からの借り入れではなく、他社からの借り入れの総額になります。この制度により、既にこの上限まで借り入れしている場合には新規にキャッシングの契約をしようとしても審査に通らず、限度額も引き上げられません。

 

総量規制は全てのキャッシングに適用されるものではありません。貸金業法が適用される金融機関が対象になるもので、消費者金融やクレジットカードのキャッシングがこれに該当します。

 

銀行や信用金庫は対象外になるので、年収の3分の1を超える借り入れができます。また、クレジットカードのショッピング枠も対象外になるため、買い物の利用額は借り入れ総額に含みません。

 

なお、総量規制の対象である消費者金融でも、利用者に一方的に有利になる借り換えについては総量規制の例外とされており、年収の3分の1を超えていても利用できます。

 

しかし、借り入れ総額には含まれるので、返済して借り入れ総額を年収の3分の1以下にしなければキャッシングできなくなります。

アルバイトの属性と年収からキャッシング審査における限度額を推察する


アルバイトの人は、キャッシング審査によって決まる限度額は、20万円〜30万円程度が目安です。しかし、勤務先が大手チェーンであり、年収が高い場合にはもっと高額になることもあります。

 

貸金業法によって、年収の3分の1までしか貸付ができないと定められていますが、アルバイトの人は年収の3分の1まで借りられることはあまりなく、年収の1割〜2割くらいが目安と考えておきましょう。

 

属性ってなに?

金融機関の審査でよく言われる属性というのは、年収や勤務形態、勤続年数などのことです。居住形態、居住年数、健康保険の種類なども、属性に影響します。年収が高い人は属性が高くなりますが、それだけでは決まりません。

 

アルバイトでも大手チェーンで長期勤務をしているなら、信用がありますが、日雇いバイトなどで決まった勤務先を持たない人は、不利になってしまいます。実家に住んでいる人は家賃の支払いがないので有利になり、マンションで一人暮らしをしている人で、家賃が高い場合には、不利になります。

 

限度額が決まるまで

このように、さまざまな項目をチェックされて、総合的な判断によって、キャッシングの限度額が決まります。金融機関によって審査の基準は異なりますので、最終的には申込みをしてみないとわかりません。1社に落ちたとしても諦めず、次の1社に申し込んだらあっさり通ったという話もあります。

キャッシングは限度額が高いほど金利負担が軽く返済が楽になる

お金に困ったとき、ネットからでも借り入れ申し込みができ、審査も早いキャッシングを利用する人は多数います。

 

街のいたるところに、自動契約機が設置され、キャッシングするのも提携のコンビニATMが利用できますので、24時間365日お金が必要になったら、すぐに引き出すことができる便利さです。

 

それも、住宅ローンなどのように、担保や保証人の必要もない利用しやすさが、世代を超えて利用されているのです。この便利さから、複数の貸金業者からキャッシングをしている人が多くいます。
これは、借り入れ金額が小額であれば、審査も通りやすいからです。でも、金利は借り入れ金額が小額になれば高くなるものです。なぜならキャッシングは限度額に対して金利が決められているケースが大半です。

 

限度額と金利の関係とは?

返済金額を少しでも減らし楽にしようと考えるなら、限度額を多くして、金利を低くすることです。限度額を上げることで金利が低くなれば、返済額も少なくなりますので、返済が楽になるということです。

 

そればかりでなく、仮に複数社か借入があるならば、おまとめすることで、管理や返済する手間が楽になります。

 

またそれぞれの貸金業者の返済日に返済金を用意して返済する手間がかかりますが、それが月1回で済むようになりますので、時間短縮にもなります。

年収だけがキャッシングの限度額増額の要因とはならない理由

キャッシングをしている方は「もう少し限度額が上がれば便利なのに」と感じることがあるかもしれません。そこで増額審査に申し込んでみようとなるわけですが、最初の契約時より年収が増えているにもかかわらず増額審査に落ちることがあります。年収が上がっているのにどうしてなのか、腑に落ちない結果に首を傾げてしまいます。

 

そもそもキャッシングの限度額を引き上げるための審査には、どんな要素が関係しているのでしょうか。

 

数量規制の問題もあるため、限度額の引き上げに年収や収入額は確実に影響します。ただしそれだけで増額がかなうかというと、残念ながらそう単純ではありません。

 

実は限度額の増額審のハードルは高い?

通常、どの金融機関でもキャッシング枠の増額審査は最初の契約審査よりも厳しく慎重になります。年収額は審査において重要な要素ですが、過去の返済記録など他の属性要素も絡むため、どれかが足を引っ張ると限度額の引き上げはかないません。

 

また1年や半年といった一定の期間継続してキャッシングを利用し、一度も返済に滞りの無い優良な顧客であることが審査の条件です。過去の借入れで滞納や踏み倒しなどがあり信用情報が傷ついている場合、現在の収入が以前よりアップしていても増額は難しくなります。

 

キャッシング限度額をさらに求めることは可能か?

キャッシングを行なうと、まず初めにキャッシング限度額が設定されます。

 

利用者がキャッシングできる上限にあたるキャッシング限度額ですが、この限度額は初めの場合は低めに設定されることが多くあります。

 

そのため、それ以上のキャッシングを行ないたい時には限度額を加増させるための申請を行なう必用があります。

 

増額申請して審査にのぞむ

キャッシング限度額を引き上げたい場合には審査に通過する必要があります。この審査は申し込み時の審査と同様に行われ、職業や収入の調査から、在籍確認が行われることもあります。

 

増額する限度額が一定以上になる場合は、収入証明証などが必要になる場合もあるので、あらかじめ調べて用意しておきましょう。増額審査が初回利用時と違うところはこれまでのキャッシング状況や返済履歴が審査に影響してくるというところです。

 

キャッシング限度額に見合った収入があることは大前提ですが、こまめに返済し、延滞などを避けて返済実績を作ることで信用が得られ、審査に通りやすくなります。

 

金融機関から増額の案内

キャッシング限度額の増加は自分で申請するほかにも、金融機関から案内が送られてくることで増額審査に臨める場合もあります。

 

キャッシング限度額増額の案内は、金融機関に対してある程度信頼がなければ送られてくることはないため、この案内が送られてくる場合には、自分で増額申請をする場合よりも審査に通りやすいと言えます。

 

審査に通る可能性をより高めたいという方は、自分で増額申請を行なうよりも、利用期間や返済実績などで信頼を作り、金融機関側から増額の案内を待ってみることも考えてみましょう。

 

重要!即日融資を受けたい場合の限度額申請のコツ

急なまとまった費用が必要になった場合など、即日融資を対応してくれるのはとても助かりますよね。

 

また利用者のほとんどに制限を設けられてないことが多く、キャッシング限度額内であれば利用回数に制限もありません。

 

キャッシングを利用するにあたり、限度額を増額してもらいたい場合もあるかと思います。そのためにはまずコツとしては、借り入れをする消費者金融機関から信頼を得ることです。

 

借り入れや返済を継続して返済実績を作るということです。もちろん返済の遅延行為は厳禁です。そうすれば増額審査の際、受け入れてくれる可能性は高くなります。

 

キャッシング限度額の引き上げの確かな近道

初めにキャッシングを行なった場合の借り入れ限度額は多くはありません。
金融機関側から見れば審査には通したものの、その人が本当に貸したお金を期日通りに返済してくれるのかどうか分からないためです。

 

借入実績や返済実績が信頼度を上げる

利用者がキャッシング限度額を加増させるためには金融機関からの信頼を得る必要があります。そのために必要なのは借入実績や返済実績などになります。

 

無理のない借り入れを行なっているか、また計画的な返済がなされているかをチェックし、信頼がおける利用者であればキャッシング限度額の引き上げに応じてくれる場合もあります。

 

無理のなり利用を心がけよう!

キャッシングは限度額までであればいくらでも借り入れを行なうことができますが、だからといってむやみに限度額いっぱいまで借り入れを行なうことはせず、必要な分だけキャッシングをするようにしましょう。

 

必要最低限の金額だけキャッシングをして、こまめに返済をしていくことで金利も低く抑えることができ、返済が滞るリスクも避けることができます。

 

無理のない借り入れと返済で返済実績を作ることができれば、金融機関に信用を作ることができるので、限度額の引き上げをしてもらえる可能性は上がるといえます。

 

少ない借り入れであっても返済期日をきっちりと守り、地道に実績を作り上げていくことが限度額引き上げの近道になるといえます。

 

限度額の減額を受けないキャッシング心得

生活費が不足すると消費者金融を利用して対応しますが、契約手続きをする時にキャッシング限度額が提示されるのでその範囲内でお金を借りる事になります。

 

借りたお金を返済期日までにしっかり返済していれば実績として業者側に評価されてキャッシング限度額が増額される事もありますが、問題が生じてしまうと減額されてしまう事もあるので注意が必要です。

 

他社借入による総量規制に抵触した

消費者金融は総量規制の対象になっているので年収の3分の1以上のお金を借りる事が出来ません。キャッシンング限度額も年収を見て総量規制に接触しないように決められますが、途中で他社から借り入れをしてしまうと場合によっては総量規制に接触してしまう事もあります。

 

総量規制に接触してしまうとキャッシング限度額が減額されてしまうので注意が必要です。キャッシング限度額を減額されないようにするには総量規制に接触しない事が大切なので消費者金融を利用する時は他社からの借り入れはしないようにした方がいいでしょう。

 

返済遅延や延滞がある

消費者金融で借り入れした時は返済期日までに返済する事になっていますが、場合によっては返済遅延や延滞してしまう事もあります。

 

正当が理由があって業者側にも事情を説明する事で理解をしてくれる事もありますが、何度も返済遅延や延滞していると業者側からの信用も失ってしまい返済能力がないと判断されてしまいます。それでキャッシング限度額が減額されてしまうので注意しましょう。

 

また何度も返済遅延や延滞していると信用情報機関に金融事故として履歴が残ってしまい今後キャッシングを利用する事が出来なくなる可能性もあるので注意しましょう。

審査の難易度を考慮すれば消費者金融のキャッシングがオススメ


お金を借りたいと思ったら、消費者金融や銀行などのキャッシングを利用する人は多いでしょう。消費者金融か銀行のどちらで借り入れするかは、人それぞれに状況などによって変わってくるものです。

 

銀行と比較して、一般的に消費者金融の方が、キャッシングしやすいと考えられており、利用者も上回っています。その大きな理由は、審査が早く、1万円からの小額から借り入れできることです。
外出先でお金が不足しても、スマートフォンからWEB完了して、最寄のコンビニのATMを利用すれば、最短1時間でお金を借り入れできる速さです。即日融資を望むなら、審査の早い消費者金融を選ぶのがお勧めです。

 

消費者金融の限度額は500万円のところが多く、金利は銀行と比較して高くなっています。金利が高目なのですが、借りる人が多いのは、借り易さです。
いくら銀行の方が金利が低いからといっても、審査に通らなければ借りることができません。

 

賢いキャッシングとは、借り易い消費者金融で、返済日に返済できる限度額を借り入れすることです。

 

そのためにも、借り入れする前に返済計画を立てましょう。
きっちり返済し続けることで信用が生まれ、お金を借りたいときにすぐに審査が通って借り入れできるようになります。

 

消費者金融は借入額に応じて金利が決められます!

銀行カードローンや消費者金融への借入を考えている人は自分がどれ位の限度額を貰えるか、金利はいくらになるのか敏感な方が多いかと思います。特にアルバイトの自分がどのぐらいキャッシング出来るか調べている人にとっては、キャッシング限度額と金利は重要な要素です。金利決定のメカニズムについて解説します。

 

借入額により金利は決まります

キャッシング、カードローンの返済方式には大別すれば、元利均等返済方式と残高スライド方式の2つのパターンがあります。元利均等返済方式は最初に200万円なら200万円借入を1契約で行い、毎月一定額を返済していく返済方式でになります。

 

この返済方式の金利決定メカニズムは、最初の借入額が大きければ大きい程、よりリーズナブルな金利になります。金利は変動金利でなく、固定金利で決定される事も多く、主に消費者金融のおまとめローンで多く導入されている返済方式です。

 

金利を安くしたいからといって、不要な金額まで借入てしまうと結局トータルで高くなってしまうので注意が必要です。

 

限度額により金利が決定されることも

金利は借入額だけでなく、限度額で決定される事もあります。主に残高スライド返済方式でこの金利決定メカニズムは採用されており、普通のカードローンやキャッシングローンは大体限度額で金利がよりリーズナブルになる設定になっています。

 

限度額を貰えたら金利設定が下がることになりますので、例えば限度額50万円の金利設定は18%だけれども、限度額150万円の金利設定は15%ですので、限度額150万円を貰って50万円しか使わなくても金利は15%が採用されていますので、金利を節約する事ができます。

消費者金融のキャッシング審査における限度額設定に迫る


お金が必要になっても借り入れできる相手がいないとき、消費者金融のキャッシングを利用する人は多いでしょう。店舗にわざわざ出向くことなく、スマートフォンからWEB申契約ができる便利さです。審査も最短30分というスピーディーな消費者金融もあり、即日融資を希望する人には助かるものです。

 

消費者金融の借り入れ限度額のほとんどは、1万から500万円と設定されており、審査で借り入れ限度額が決まります。初めての利用者は、年収に関係なく多額を借り入れするのは難しくなるでしょう。

 

限度額と総量規制の関係

 

反対に、長い付き合いで返済をきっちりしているアルバイトの限度額は高くなります。消費者金融では、担保も保証人もなく借り入れすることができます。

 

これは、貸す相手の信用度で貸すお金の金額を設定しているからです。返済日にきっちり返済し続けていれば信用度は高まり、増額の審査も通りやすくなります。

 

ただし、どんなに信用度が上がっても、借り入れできる限度額は収入で制限されています。消費者金融は、総量規制で収入の3分の1までしか融資ができないことに決まっていますので、最高限度額の500万円を借り入れするためには、年収が1,500万円以上ある人に限られます。